Twelve South AirFly

¥4,800

  • Bluetooth未対応でもワイヤレスイヤホンが使用できるBluetooth送信機
  • 飛行機での使用OK
  • テレビやゲーム機など多くのオーディオ再生機器に対応
  • バッテリー最大8時間駆動
  • 対応コーデックは、aptX、aptX-LL、SBCの3種類

在庫あり

商品コード: TWS-OT-000016 商品カテゴリー: ,

説明

Bluetooth未対応のテレビやゲーム機でもAirPodsを利用可能にするBluetoothトランスミッターです。
AirPodsのほか、さまざまなワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホンにもお使いいただけます。
3.5mmイヤホンジャックで接続できるさまざまなオーディオ再生機器に対応します。

ワイヤレスヘッドホンを、ヘッドホン端子に接続できる

本製品は、Bluetooth未対応のテレビやゲーム機に3.5mmイヤホンジャックで接続することで、AirPodsのようなワイヤレスイヤホンで音楽を聞くことが可能になるBluetoothトランスミッターです。
AirPodsやBeatsXのほか、Bluetooth対応のすべてのワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホンに対応します。

飛行機での機内コンテンツ鑑賞をより快適に

飛行機に乗ったら、機内のヘッドホン端子に本機を差し込みましょう。
機内コンテンツをいつも使っているお気に入りのAirPodsで楽しむことができます。
わざわざ有線イヤホンを別に持ち運ぶ必要はもうありません。
※2014年の航空法改正により機内においても常時Bluetooth機器を利用可能です。

テレビやゲーム機、フィットネス機器などで利用可能

フィットネスジムのランニングマシーンに、テレビ音声を聞くことができる機能がついていても、有線イヤホンを別途準備しなければいけないことがほとんどです。
走りながら有線イヤホンをつけるのもあまりおすすめできません。
そんなときAirFlyを接続するだけで、ワイヤレスイヤホンに対応した環境のできあがりです。
他にもテレビやパソコンのヘッドホン端子や、Nintendo SwitchやNintendo 3DSのようなゲーム機にも使うことができます。
※双方向通信には対応していないためボイスチャットにはお使いいただけません。

最大8時間駆動するバッテリー

AirFlyは、AirPodsのケースと同じくらいの小型トランスミッターでありながら、最大8時間音楽再生できるパワフルなバッテリーを搭載しています。
バッテリーは付属のMicro USBケーブルで繰り返し充電することが可能です。
また、本製品を充電しながらの利用も可能です。

遅延が非常に少ないコーデック「aptX-LL」に対応

コーデックは高音質のaptXに加え、遅延が非常に少ないaptX-LL(aptX Low Latency)にも対応しています。
対応ヘッドホンとの組み合わせで遅延が非常に少ない快適な視聴環境を実現します。
ゲームなどの遅延が気になるシーンでも快適に使うことができます。

【製品仕様】
本体サイズ:約33(W)×46(H)×10(D) mm(ケーブル部含まず)
重量:約15.6g(ケーブル部含まず)
ケーブル長:約10cm
Bluetooth:Bluetooth ver 4.1
Bluetooth通信距離:最大10m程度
対応コーデック:aptX Low Latency, aptX, SBC
対応プロファイル:A2DP
バッテリー駆動時間:約8時間
充電時間:約2時間
充電方法:Micro USB
双方向通信:非対応(通話やチャットには利用できません)

パッケージサイズ:約110(W)×200(H)×30(D)mm(フック込み)
パッケージ重量:約106g

【同梱物】
AirFly 本体
3.5mmオーディオケーブル
充電用Micro USBケーブル
トラベルポーチ
取扱説明書(英語)
保証書

【対応モデル】
Apple AirPods(第1、第2世代)
Bluetoothイヤホン・ヘッドホン
3.5mmイヤホンジャック搭載の音楽再生機器
Nintendo Switch(オーディオ再生のみ)

※airpods proのシェア機能は対応しておりません。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。